2012.09.30

【プロ野球】立浪和義×野村弘樹が語る「野球が上達するコツ」

  • 石塚隆●構成 text by Ishizuka Takashi
  • 五十嵐和博●撮影 photo by Igarashi Kazuhiro

小さい頃は量をこなすことも大事だと語る立浪和義(左)、野村弘樹の両氏立浪和義×野村弘樹 対談(4)

―― 立浪さんも野村さんも、少年時代はどのような意識をもって練習していましたか?

立浪 僕は体も細く大きくなかったので、体の大きい選手に負けないためにはどうしたらいいのかを考えながらやっていました。どうやったら追いつけるのか、カバーできるのか、自分なりに工夫して練習していましたね。基本的に指導者がいて、いろいろと教えてくれると思うのですが、いちばん伸びるのは自分で考えて練習すること。やらされているうちは、なかなか上達しないと思いますね。

野村 子どもの時は、とにかく質よりも量をやらされましたね。いま思えば、小さい時はそれでいいと思うんです。辛抱強くなりますし。最近は効率的になりすぎているというか、時には無駄だと思えるようなことも必要じゃないかと思うことがあるんですよね。

立浪 量は絶対に必要だよ。無理矢理でもやらされていれば間違いなく体力はつくし。まず、体力がなければ技術も心も磨くことはできない。それは子どもたちばかりでなく、プロも一緒。きちんとした体力と基礎があってこそ、技術を身に付けることができる。

―― 今はいじめが社会問題になっていますが、子どもたちがチームの仲間たちとうまくやっていくにはどうすればいいでしょうか?

立浪 相手の気持ちをまず考えること。人の欠点をあおるようなことは絶対に言ってはいけない。悪意はなかったとしても、言われた方は傷つきます。困っている人がいたら声を掛けてあげるべきだし、手を貸してあげること。いちばんいけないのは、自分ができるからといってできない人を見下したり、嫌味を言ったりすること。