2012.03.27

【プロ野球】セ・リーグ戦力分析。巨人の対抗馬は投手力の広島だ!

  • 石塚隆●構成 text by Ishizuka Takashi
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

2010年の沢村賞投手の前田健太金村義明の2012年プロ野球戦力分析~セ・リーグ編

 パ・リーグに続きセ・リーグの分析にいきたいと思うけど、3人の新監督を迎えるとあってこれまでとどうチームが変わっていくのか、見どころの多いシーズンになりそうや。

 落合監督から高木新体制になった中日やけど、オフからファンサービスを全面に押し出すなど、チームの雰囲気はガラリと変わった。キャンプ中、高木監督を筆頭に最もサインをしていたチームは間違いなく中日やった。ただ、戦力的に大きな上積みがあるかと言えば、ちょっと厳しい感じがするんや。山﨑武司が帰ってきたとはいえ、急激に得点力が上がるとは考えづらい。基本的には投手力のチームなので、吉見一起、浅尾拓也、岩瀬仁紀を中心に、これまでの遺産で戦っていくことになるやろうな。アメリカから川上憲伸が戻ってきたけど、投打ともベテラン選手が多く、チーム力をアップするには中堅や若手の押し上げがないと厳しいんとちゃうかな。唯一、フレッシュな話題といえば高卒ルーキーの高橋周平ぐらい。バッティングは新人のときの立浪和義以上のものはあるけど、守備や走塁技術はまだまだ一軍レベルには達していない。一軍に帯同させて代打として経験を積ませるより、二軍で試合経験を積ませたほうがええと思うんやけど……。

 昨年、シーズン中盤まで首位を独走しながらも後半に失速したヤクルトは、今年もその余波を受けそうな感じやな。打線では、新外国人のミレッジが意外とやりそうな感じがするけど、メジャーに行った青木宣親の穴をどれぐらい埋められるのか。ポスト青木の一番手として期待のかかる上田剛史やけど、足と守備は十分なだけにあとはバットでどれだけの結果を残せるかが問題やろうな。投手陣は由規、村中恭平をはじめ有望な若手が多いけど、まだ1年を通して計算できないひ弱な部分もあるから、今年も石川雅規、館山昌平に頼らざるをえない。とにかく昨年のように前半戦から勢いをつけて戦いたいやろうから、開幕の巨人戦は重要になるやろうな。