吉田正尚は巻き返せるのか? ボストン地元紙の記者が語る前半戦総括とトレードの可能性

  • 杉浦大介●取材・文 text by Sugiura Daisuke

 ボストン・レッドソックスで2年目を迎えた吉田正尚は、決して「順調」とは言えないシーズンを過ごしている。

 現地時間6月28日まで36試合に出場し、打率.244、2本塁打、13打点、OPS.663。4月中旬から徐々に調子が上向きになり、同27日のシカゴ・カブス戦では4安打を放った。ただ、左手親指のケガで6月11日までの約1カ月半、離脱したことが痛恨だった。

 レッドソックスは6月28日で、シーズン半分の81試合を消化した。ここで吉田の今季前半戦の総括、今後の展望について、ボストンの老舗新聞社『ボストン・グローブ』のアレックス・スピアー記者に意見を求めた。

 後半戦での巻き返しは可能なのか。一部で根強く噂されるトレードはあり得るのか。ボストンでの入団時から吉田のMLBキャリアを追いかけ、今季のプレーも間近で見てきたスピアー記者の言葉からは、背番号7の現状がわかりやすく伝わってきた。

後半戦での巻き返しが期待されるレッドソックスの吉田正尚 photo by Getty Images後半戦での巻き返しが期待されるレッドソックスの吉田正尚 photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る

【好調時と今の状態の違い】

 前半戦の吉田は、打撃不振に悩まされた印象があります。やはり左手のケガが大きかったですね。故障するのに"適したタイミング"というものは存在しませんが、離脱前、好調だった4月中旬ごろの吉田と、今の彼は明らかに違って見えます。約6週間にわたって戦列から離れ、その影響を受けてしまっているように見えます。

 レッドソックスが得点力不足に苦しんでいた時期だったためか、マイナーでのごく短いリハビリ期間で復帰した印象がありました。復調に向けてしっかりとした時間が得られなかったのでしょう。そのためか、吉田の打撃のタイミングには依然として少し狂いがあるようにも見えるんです。

 今季の吉田はDHに専念していますから、今後はいい打撃成績を残さないといけません。定評があったはずの出塁率を向上させ、二塁打以上を安定して放つパワーが求められるでしょう。レッドソックスが契約した際、吉田はそういう選手だと見られていたのですから。

1 / 3

プロフィール

  • 杉浦大介

    杉浦大介 (すぎうら・だいすけ)

    すぎうら・だいすけ 東京都生まれ。高校球児からアマチュアボクサーを経て大学卒業と同時に渡米。ニューヨークでフリーライターになる。現在はNBA、MLB、NFL、ボクシングなどを中心に精力的に取材活動を行なう

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る