2021.07.18

大谷翔平が語る得だと思う自己評価。「いい状態の時もそれを超える技術を試してみたい」

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by USA TODAY Sports/Reuters/AFLO

 どれだけ周りが熱狂し、その一挙手一投足に注目が集まったとしても、大谷翔平は常にこう言うのだ。

「積み重ねですね」

 大谷のメジャー4年目の今シーズン、前半戦は投手として4勝1敗、打者としては打率.279、33本塁打、70打点、12盗塁の成績を収めた。その活躍が認められ、日本人選手として初めてホームランダービーに出場し、オールスターでは史上初となる投打"二刀流"でプレーした。

MLBオールスターで史上初の投打「二刀流」で出場した大谷翔平MLBオールスターで史上初の投打「二刀流」で出場した大谷翔平  その歴史を塗り替える数々の偉業は、日々の積み重ねが大事なんだという思考と、現状に満足しない姿勢のもとで生み出されているものだと思う。

 右ヒジの靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)、さらに左ヒザの二分膝蓋骨の除去手術を経て迎えた2019年の冬、大谷はこのように語っていた。

「毎年『大事だな』という積み重ねですね。日本でのプロ1年目も『すごく大事だな』と思っていました。レギュラーを獲るとか、試合に安定して出場するとか、結果を残すとか......次の年に向けてかなり大事な年だと思っていました。そして2年目も『ここが勝負の年』と思ってやりましたし、3年目は最多勝などいろいろ受賞できましたけど、バッティングが悪かったので次の年はそこを頑張って、(投打)どっちもいい成績を収めたい......だからまた『勝負の年だな』と。メジャー1年目もそうでしたし、バッター1本でいった2年目もその地位を確立する『勝負の年』と思ってプレーしていました。本当、そんな感じです」

 今でこそ『Two-Way-Player(二刀流選手)』としての地位を確実なものとしたが、2018年に海を渡った当初は、アメリカ国内に『二刀流』に対して懐疑的な目を向けられていたのは事実だ。

 メジャー1年目は前半戦の活躍はあったものの、投手としてはシーズン途中で離脱してオフシーズンには右ヒジを手術。2019年は打者一本で挑むシーズンとなったが、秋に左ヒザを手術した。そして2020年シーズンは、コロナ禍でゲーム数が極端に減少したとはいえ、投手としてはわずか2試合に先発しただけで、打者としても打率1割台、7本塁打に終わった。