2018.06.04

「大谷翔平におったまげた」NYの
記者4人。未来予測は意見が割れた

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 今季のメジャーで最大のセンセーションになっているエンゼルスの大谷翔平が、5月25日〜27日に"ニューヨーク・デビュー"を飾った。

打者としてヤンキースとの3連戦を戦った大谷 聖地ヤンキースタジアムで行なわれたヤンキースとの3連戦で、大谷は9打数無安打。「日本のベーブ・ルース」と呼ばれる大器は、そのルースが躍動した街で大活躍はできなかった。ただ、それでも普段は口さがないニューヨークのメディアも、大谷の底知れぬポテンシャルを感じ取ったようだ。

 そこで今回は『ESPN.com』の人気企画"5-on-5ディベイト"をモデルに、ニューヨークに拠点を置く4人のエキスパートに大谷に関する4つの質問をぶつけてみた。4-on-4に参加してくれたパネリストの言葉から、ニューヨーカーが大谷をどう受け取ったかが浮かび上がってくる。

【パネリスト紹介】

① ボブ・クラピッシュ(元『バーゲンレコード』『USA TODAY』紙のコラムニスト。現在はフリーランスで、2018年のヤンキースを追いかけた著作を執筆中)
② デビッド・レノン(『ニューズデイ』紙のコラムニスト)
③ コリー・ハービー(『ESPN.com』のヤンキース番記者)
④ デビッド・アドラー(『MLB.com』のライター。Statcastのデータを主に扱う)


〈1〉実際に大谷のプレーを見て、どんな印象を受けたか

クラピッシュ  とてもユニークで才能に溢れた選手という印象。これまで多くの映像をチェックしてきたが、実際にその姿、プレーを見ても落胆させられることはなかった。まず第一に、大柄でサイズに恵まれていることに驚かされ、それでいて素晴らしいアスリートでもある。スイングはビューティフルでパワフル。投手としてのパフォーマンスを見られなかったのは残念だったが、それでもこの3連戦で"特別な選手を目撃している"と感じたことに変わりはない。