2017.12.15

イチローに批判的だった元マーリンズ社長を、
大ファンに変えた3年間

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihito

 そしてこう続けた。

「実際、オーナーたちは『もしうまくいかなかった場合にどうするか』と真剣に考えているはずです。でも、イチローという選手はどんなアスリートよりも自分自身のことを知っている。だから、オーナーたちは彼に任せておけばいいのです。とはいえ、いくら50歳までプレーする能力を持っていたとしても、それを認めさせるのは並大抵のことではありません。イチローが戦わなければいけないのは、そうした球界の常識なんです」

 そう言うと、サムソン氏はイチローからもらったというマーリンズカラーのオレンジとイエロー、そしてブルーが入ったランニングシューズに履き替えた。来年1月からアメリカ7つの州で開催される7つのマラソン大会に出場するため、自ら厳しいトレーニングを課しているのだ。

 軽量かつ精密につくられたイチローモデルのシューズを履きながら、イチローならどこのチームにいっても貢献できるとサムソン氏は信じている。

◆メジャーの超大物たちが15年前に語っていた「イチローの衝撃」>>

◆山本昌はオリックスドラフト1位・田嶋大樹をどう評価していたか?>>

関連記事