2017.10.04

高橋尚成がMLBプレーオフを分析。
カブス、ドジャースより強いのは?

  • 市來孝人●文 text by Ichiki Takato
  • photo by Getty Images

高橋尚成が占うMLBポストシーズン~ナ・リーグ編

 MLB経験者である高橋尚成氏が、ポストシーズン進出チームの戦力を分析。前回のア・リーグ編に続き、プレーオフ予想~ナ・リーグ編をお伝えしたい。ナ・リーグからプレーオフに進出するのは、ロサンゼルス・ドジャース、シカゴ・カブス、ワシントン・ナショナルズ、アリゾナ・ダイヤモンドバックス、コロラド・ロッキーズの5チーム。はたして、ダルビッシュ有、前田健太擁するドジャースはワールドシリーズに進出することができるのだろうか。

ヒザを痛め長期離脱していたブライス・ハーパーだったがプレーオフには間に合った 今年のナ・リーグ西地区は、ドジャースが104勝58敗、勝率.642と圧倒的な強さで制しました。ただ、シーズン序盤からメジャー史上最多勝利数を更新する勢いで勝利を積み重ねていましたが、終盤は11連敗があるなど失速。ケガ人が出たことも大きいですし、ダルビッシュ有をはじめとした大型補強によってチームのバランスが微妙に変化したことで、かみ合わなくなったのではないかと感じています。

 ドジャースには絶対的エースであるクレイトン・カーショーがおり、彼の出来がポストシーズンの流れを左右するのは間違いありません。でも、キーマンを挙げるならリリーバーのペドロ・バエズだと思っています。

 シーズン終盤は調子を落としましたが、8月末まで防御率1点台と抜群の安定感を誇りました。また投げるポジションも、クローザーのケンリー・ジャンセンの前もあれば、試合中盤から登板して相手の流れを食い止める役割もある。とにかくいろんな局面で登板し、チームの勝利に貢献してきました。ポストシーズンでもフル回転で起用されるでしょう。彼の活躍なくして、ワールドシリーズ進出はないと思います。