2017.08.25

イチローが迫る「史上6人目の偉業」を
選手もレジェンドもリスペクト

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • photo by Getty Images

 スタントンのホームランも印象的だったが、イチローが披露した巧みなバットコントロールから生まれた芸術的な内野安打も驚愕の1本だった。

 実は、この日イチローが放った内野安打にはもうひとつの意味があった。このヒットが、イチローにとってメジャー通算2493本目のシングルヒットだったのだ。

 まもなくシングルヒットのみでメジャー通算2500安打を達成するかもしれないということをチームメイトのディー・ゴードンに伝えると、彼は目を大きく見開き、こう語った。

「マジで!? やっぱりイチはすごいよね。同じタイプのリードオフマンとして、2500本もシングルヒットを打つ難しさはわかっているつもりだ。ホント、やばい。ほとんどの選手がシングルヒットどころか、通算でも2500本という数字に届かないのに......」

 昨年の夏、イチローは史上30人目となるメジャー通算3000本安打を達成したが、それよりも500本少ない2500本でも長いメジャーの歴史のなかで100人しか成し遂げていないのだ。ゴードンが驚くのも無理はない。

 イチローが2500本のシングルヒットを放つと、これはメジャー通算6人目の快挙となる。この前に達成したのは、2014年5月17日、ヤンキースのデレク・ジーター(2595本)だ。

 このほかには、ピート・ローズ(3215本)、タイ・カッブ(3053本)、エディー・コーリンズ(2643本)、ウィリー・キーラー(2513本)が2500本以上のシングルヒットを放っている。