2016.04.19

メジャーで絶好調、マエケンに襲いかかる
5人の要注意バッター

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

 メジャーデビューを果たしたロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が好投を続けています。初めてマウンドに立った4月6日のサンディエゴ・パドレス戦、次に登板した4月12日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では、ともに6イニングをヒット5本に抑えて無失点。日本人選手最長となるメジャーデビュー12イニング連続ゼロ封をマークしました。

すばらしいピッチングを続けるロサンゼルス・ドジャースの前田健太 ただ今後も、続々とメジャーの猛者たちが前田投手の前に立ちふさがってくるでしょう。そこで今回は、錚々たるメジャーリーガーのなかから、特に前田投手が注意すべきバッターを紹介します。

 まず、最初に挙げたいのは、サンフランシスコ・ジャイアンツのバスター・ポージーです。ジャイアンツは同じナ・リーグ西地区において「ドジャース最大のライバル」であり、伝統の一戦はいつも大きな注目を集めます。地区優勝を果たすためには、避けて通れない相手でしょう。

 そのジャイアンツの看板スターが、3番に君臨するポージーです。攻守ともに突出したキャッチャーとして脚光を浴び、2010年にナ・リーグ新人王を獲得。すでに3度も(2010年・2012年・2014年)ワールドチャンピオンに輝き、2012年には首位打者(打率.336)とナ・リーグMVPを受賞しました。