2015.10.18

ナ・リーグ頂上決戦。「奇跡」のメッツと「呪い」のカブス、その行方は?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

【MLBプレーオフ2015】リーグチャンピオンシップシリーズ展望@ナ・リーグ編

 ア・リーグの「カンザスシティ・ロイヤルズ対トロント・ブルージェイズ」戦から1日遅れての現地10月17日(日本時間10月18日)、ナ・リーグのリーグチャンピオンシップシリーズがスタートしました。ナ・リーグのカードは、「ニューヨーク・メッツ対シカゴ・カブス」。この対戦の見どころは、「若いパワーの競演」ではないでしょうか。

「リーグチャンピオンシップシリーズ展望@ア・リーグ編」はこちら>>>

ナ・リーグ新人王レースで最有力と目されるカブスのクリス・ブライアント まず、東地区を制したメッツの注目ポイントは、若い豪腕投手を揃えているところです。そのなかでも特筆すべき投手は、26歳のマット・ハービー、27歳のジェイコブ・デグロム、そして23歳のノア・シンダーガードの先発3本柱でしょう。

 ロサンゼルス・ドジャースとのディビジョンシリーズでは、第1戦に先発したデグロムが75球投げた速球のうち、73球で95マイル以上(約152.8キロ)をマーク。そしてシンダーガードもディビジョンシリーズで投げた投手のなかで最速となる101.1マイル(約162.6キロ)を計測するなど、その豪腕ぶりをいかんなく発揮しています。エースのハービーも含め、彼ら3人の速球はそう簡単に打てるシロモノではありません。

 それに対抗するのが、カブスの若いパワーヒッターたちです。セントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズ4試合で、カブスは合計10本塁打をマークしたのですが、そのうちホームランを打った6人は26歳以下でした。ひとつのシリーズで26歳以下の選手6人が本塁打をマークしたのは、ポストシーズン史上初めてのことです。