2015.10.08

ディビジョンシリーズ開幕。
ア・リーグ覇者ロイヤルズを倒すのはどこだ?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

【MLBプレーオフ2015】ディビジョンシリーズ展望@ア・リーグ編

 10月8日(日本時間10月9日)、いよいよア・リーグのディビジョンシリーズが開幕します。今シーズンのア・リーグは、開幕前に予想していなかったチームばかりが地区優勝を遂げ、昨シーズンの地区優勝チームはいずれもプレーオフ進出を逃しました。ではさっそく、ディビジョンシリーズで対戦するカードの見どころを紹介しましょう。

大ブレイクを果たしたア・リーグMVP候補のジョシュ・ドナルドソン まずひとつ目は、ア・リーグ東地区を制したトロント・ブルージェイズと、西地区覇者のテキサス・レンジャーズの対戦です。これはまさに、「打力対決」と呼ぶにふわさしいカードでしょう。

 今シーズンのブルージェイズはメジャー最多の891得点・232本塁打をマークするなど、メジャーナンバー1の攻撃力を擁しているチームです。2番のジョシュ・ドナルドソン、3番のホセ・バティスタ、4番のエドウィン・エンカーナシオンは全員、「30本塁打・100打点」の大台をクリア。その豪快なスイングの勢いは止まることなく、8月以降(計61試合)でも3人合計で55本塁打をマークしています。

 なかでも注目は、ア・リーグのMVP候補に挙がっているドナルドソンでしょう。レギュラーシーズンではア・リーグ3位タイの41本塁打を放ち、123打点で自身初の打点王にも輝きました。プレーオフでどれだけ威力を発揮するのか、大いに注目です。

 しかしながら、ブルージェイズの強みはバッティングだけではありません。チームを地区優勝に導いたもうひとりの立役者は、エースのデビッド・プライスです。7月30日にデトロイト・タイガースからトレード期限前に加入するやいなや、移籍後は11試合の先発で9勝1敗・防御率2.30をマーク。圧倒的な存在感でブルージェイズの絶対的エースとなりました。今シーズンの2球団合計での成績は18勝5敗・防御率2.45で、自身2度目となる最優秀防御率のタイトルを獲得しています。