2014.08.28

もはや次元の違う世界。数字に見る岩隈久志のすごさ

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu photo by AFLO

 2014年シーズン、シアトル・マリナーズの岩隈久志投手はキャンプ中に右手中指を負傷。結局、開幕には間に合わず、初登板は5月3日までずれ込みました。しかしその後、岩隈投手は素晴らしいピッチングを続け、現在(8月26日)の成績は12勝6敗・防御率2.83。メジャートップの防御率(2.92)を誇るマリナーズ投手陣の主軸として、まさにフル回転の活躍を見せています。

素晴らしいピッチングを見せているマリナーズの岩隈久志 今シーズンの岩隈投手を取り上げるうえで、まず特筆すべきは抜群のコントロールでしょう。アメリカ随一の野球専門誌『ベースボール・アメリカ』は毎年8月にシーズン前半を評価して、選手の能力を数々の部門に分けてランキングしているのですが、ア・リーグの「ベストコントロール部門」において、昨年の岩隈投手はバートロ・コロン(当時オークランド・アスレチックス/現ニューヨーク・メッツ)に次ぐ2位にランクイン。そして今年も、デビッド・プライス(タンパベイ・レイズ→デトロイト・タイガース)に次ぐ2位に選ばれました。プライスは左投手なので、岩隈投手は現在、ア・リーグで最もコントロールの良い右腕と言えるでしょう。

 いかにコントロールが良いかを示す数値として、アメリカでは「WHIP」をよく用います。WHIPとは、被安打数と与四球数(与死球は含まない)を投球回数で割った数値で、1イニングあたり何人の走者を出したかを表しています。WHIP1.00未満なら球界を代表する投手と言われているのですが、岩隈投手の今シーズンの数値はWHIP0.98。これは現在、チームメイトのフェリックス・ヘルナンデス(0.88)、シカゴ・ホワイトソックスのクリス・セール(0.93)に次ぐア・リーグ3位の記録なのです。

 ちなみに昨シーズン、岩隈投手はデトロイト・タイガースのマックス・シャーザーに次ぐア・リーグ2位のWHIP1.01をマークしています。2年連続でWHIP1.00前後を記録している投手は、今のメジャーリーグでわずか数名しかいません。