「強豪校中退」のレッテルを覆し仙台大・渡邉一生が見据える次のステージ「プロになって、もう一度...」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

 投げるボールだけを見れば、間違いなくプロの器だった。身長172センチ、体重72キロと上背はなくとも、打者に向かって動きながらホップする球筋、うなりをあげるような迫力は全盛期の河本育之(元・ロッテほか)と重なる。

最速151キロを誇る仙台大の渡邉一生 photo by Kikuchi Takahiro最速151キロを誇る仙台大の渡邉一生 photo by Kikuchi Takahiroこの記事に関連する写真を見る

【高校2年秋に日大藤沢を中退】

 マウンドで躍動する左投手の名は、渡邉一生(わたなべ・いっせい)という。仙台大の3年生で、今春からエース格としてリーグ戦1回戦の先発を任されている。5月3日、宮城教育大戦で先発した渡邉は3回を投げ、被安打0、奪三振6、与四球1、失点0と圧巻の内容で5回コールド勝ち(12対0)に貢献。最高球速は151キロだった。

 渡邉は当然、来年のドラフト候補に挙がるはずだ。それでも、その資質を慎重に見極めたい事情がある。渡邉は神奈川の強豪校・日大藤沢を中退しており、硬式クラブチームのBBCスカイホークス(現・GXAスカイホークス)を経て、仙台大に進学している。いくら実力があっても、プロの環境で戦える内面を持ち合わせているのか。その点を注視しているスカウトも多いはずだ。

 試合後、仙台大の坪井俊樹コーチに尋ねてみた。坪井コーチはロッテで左投手としてプレーした元プロ野球選手であり、大関友久(ソフトバンク)や宇田川優希(オリックス)らを指導してきた名コーチでもある。坪井コーチは爽やかな笑顔をたたえて、渡邉についてこう語った。

「まったく問題なく過ごしていますし、大学生活が充実しているんじゃないですか。ぜひ本人に聞いてみてやってください」

 試合後のミーティングを終えた渡邉に声をかけ、試合について振り返ってもらった。渡邉は人懐っこい笑顔で、取材に応じてくれた。

「今日は立ち上がりに151キロが出て、『いいボールがいってるな』と思ってから力む悪いクセが出ました。自分は胸郭から抑え込む感じでリリースするんですけど、力むとリリースが合わなくて高めに抜けるクセがあるんです」

 自分の投球について語る渡邉は社交的で、愛嬌があった。明るいキャラクターと「強豪校中退」のキャリアが結びつかない。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る