2022.07.30

大阪桐蔭・星子天真と履正社・小西柚生は同郷で元日本代表チームメイト。両主将はなぜ熊本から「大阪2強」に来たのか

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News,Tanigami Shiro

 甲子園をかけた大阪大会決勝は、秋・春・夏の連覇に挑む大阪桐蔭と、多田晃新監督となっても変わらぬ強さで勝ち上がってきた履正社の「大阪2強」対決となった。

今春センバツの市和歌山戦で本塁打を放った大阪桐蔭・星子天真今春センバツの市和歌山戦で本塁打を放った大阪桐蔭・星子天真 この記事に関連する写真を見る

小学生時代は日本代表のチームメイト

 大会前、両校のチームデータを見ていると、主将のプロフィールに目が止まった。大阪桐蔭の星子天真(てんま)と履正社の小西柚生(ゆき)が、ともに熊本県出身だったからだ。

 履正社を取材した時、小西にこのことについて聞くと、ふたりは小学6年時に学童野球の日本代表のチームメイトとしてプレーした経験があると言った。続けて、当時の星子の印象を「衝撃でした」と驚きの顔をつくってこう語った。

「代表チームなので選手たちはいろんなところから集まってくるから、基本知らない者同士。それが、天真がしゃべり出したら、みんなアイツのほうを向いて真剣に聞くんです。それを見て『コイツはすごい。ほんとに同じ歳か』と。野球の技術も高いし、性格も明るいし、キャプテンってこういう選手がするんだと。小学生の時から"ザ・キャプテン"でした」

 中学ではそれぞれ硬式のクラブチームに進み、星子は熊本泗水ボーイズ、小西は八代リトルシニアでプレー。するとまもなく、星子に大阪桐蔭へつながるひとつの出来事があった。

 星子には3つ上の兄がいて、こちらも野球少年。その兄が中学時代に所属していた硬式チームの監督が、現在、大阪桐蔭でスカウティングと投手指導をおもに担当する石田寿也の社会人時代の後輩。

 ある時「楽しみな選手がいます」と、星子の兄の情報が入ってきた。少しして、U−15の日本代表に選ばれ、のちに大阪桐蔭でエースを務める中田惟斗(現・オリックス)とバッテリーを組むことになる。石田の関心も向いたが、本人は九州の高校を希望していると聞き、話はそこで終わった。

 ただいくつかのやりとりのなかで、ある関係者から「星子の弟がまたすばらしいんです」と耳にしていた。当時、弟の天真は小学6年で『BFA U−12アジア選手権』の日本代表に選ばれるほどの有望株。ただその時は「また機会があれば......」と、そこまでだった。