2021.09.24

「4人の上野由岐子が投げている、という感覚がありました」。女子ソフトボール上野が振り返る東京五輪

  • Text by Sportiva

ソフトボール界の現役レジェンド
上野由岐子インタビュー 前編

 2008年の北京五輪から13年後、東京五輪で競技として復活したソフトボールで、日本は再び世界一に輝いた。「五輪2連覇」の原動力となったのは、エースとして投げ抜いた上野由岐子(39歳/ビッグカメラ高崎)だ。

 大会の全6試合のうち4試合で登板し、22回1/3を投げて2失点。球数は389。その投球や、大会前からの準備、共に戦った仲間たちと若きエースの快投について、上野に聞いた。

東京五輪で金メダルを獲得し、宇津木麗華監督と抱き合う上野由岐子 photo by Kyodo News東京五輪で金メダルを獲得し、宇津木麗華監督と抱き合う上野由岐子 photo by Kyodo News この記事に関連する写真を見る ***

――あらためて、13年越しの五輪2連覇おめでとうございます! 北京五輪と東京五輪は、どんな違いがありましたか?

「感覚的には全然違いましたね。北京五輪の時は、まだ一度も勝ったことがないアメリカに挑む形だったので、『自分が打たれたら終わり』というプレッシャーの中で投げていましたし、しがみついてでも勝ちたかった。それに対して東京五輪では、ディフェンディング王者として『金メダルを獲るしかない』というプレッシャーも大きかったです。

 私自身もこの13年間で、ピッチングスタイルが変わるなどさまざまな変化がありました。『自分の力で皆を世界一に!』と思っていた北京とは違って、『みんなにどれだけ助けてもらえるか』というイメージで臨みました」

――東京五輪の出来を、ご自身はどう評価していますか?

「......普通です(笑)。いつもどおり。結果としては上出来だったと思いますが、個人としては特別すごいことをしたという感じではありません。持っている力以上のものが出たわけではなく、"いつもの上野由岐子"が納得のいくピッチングをした。そんな感じでした」

――2009年8月、リオ五輪でのソフトボールの "復活"が叶わないことが決まった際、上野さんは「五輪はソフトボールにとって最高の舞台」と述べていました。

「五輪の他にこれだけ注目してもらえる大会はないですからね。テレビ放送もあって、かなり注目してもらえます。日本だけでなく、世界に広く結果を伝えられるのは、やはり五輪だけでしょう」