2021.07.14

松坂大輔も音を上げた。野球部OBが振り返る小倉コーチの猛練習と横浜高校あるある

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • 写真/山本哲也氏提供

横浜高校野球部OBインタビュー 後編 前編から読む>>
黄金期をもたらした猛練習と「横浜高校あるある」

 高校野球界の名門・横浜高校で、多村仁志(元横浜・ソフトバンク)や斉藤宣之(元巨人・ヤクルト)と外野陣を形成し、甲子園に春夏連続出場(1994年)を果たした山本哲也氏。

 1998年、松坂大輔を擁して甲子園春夏連覇を成し遂げているが、強い横浜高校の基盤は山本氏らが在籍していた時代から始まったとも言われている。確固たる強さを誇るようになった理由、さらには同校ならではの裏話などを山本氏に聞いた。

横浜高校に黄金期をもたらした、小倉清一郎元野球部部長(左)と渡辺元智元監督(右)横浜高校に黄金期をもたらした、小倉清一郎元野球部部長(左)と渡辺元智元監督(右) この記事に関連する写真を見る ――早くから横浜高校は全国区の強豪でしたが、山本さんや多村さんたちが在籍していた1992年~1994年あたりが「黄金時代の始まり」とも言われていますね。

山本哲也(以下:山本) 確かにその前から全国区な高校でしたし、僕らの1学年上の世代も甲子園に出場していますが、その頃が本当の意味で強くなり始めた頃でした。その要因のひとつが、小倉(清一郎)コーチの存在だと思います。

 横浜高校で監督を務められた経験があって(1977年に横浜高校野球部の監督に就任するも、1年で辞任)、その後はY校(横浜商業)でコーチを務めていたんですけど、横浜高校に戻ったんです。

 そこから横浜高校を強くしてくれて、2014年にコーチを退任されました。続いて2015年には渡辺監督が退任されて、平田(徹)が監督になって時代が変わっていった。小倉コーチはその後、アマチュアの指導で全国から引っ張りだこで、今は山梨学院高校でコーチを務めていると聞きました。