2021.03.30

センバツでスカウトが注目した12投手。大会ナンバーワンと評されたのは?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

最速151キロを誇る中京大中京のエース・畔柳亨丞最速151キロを誇る中京大中京のエース・畔柳亨丞 畔柳亨丞(中京大中京/177センチ・83キロ/右投右打)

「スピードもさることながら、一番の魅力は球が強いこと。今大会で球の強さなら畔柳がトップでしょう。伸びしろに疑問はありますが、将来的なイメージは則本昂大(楽天)です。課題は投げる時に顔がふれてしまうこと。これが修正できれば、もっとよくなると思います」(セ・リーグスカウトB氏)

「馬力があることと、真っすぐの強さが最大の魅力です。あれだけ腕を振るのに制球力も悪くない。腰痛で冬場はほとんどピッチングができてない状況で、あれだけの投球ができるんですからたいしたもんですよ。たまに力でねじ伏せようとする場面があったので、もっと楽に投げてほしいですね」(パ・リーグスカウトC氏)