2020.12.30

山本昌がドラフト1位指名投手9人など、来季の新人19選手を診断【2020人気記事】

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 新型コロナ渦に見舞われた2020年。スポーツ界も東京五輪・パラリンピックの延期決定など多くの打撃を受けた。そのなかでもスポルティーバでは様々な記事を掲載。2020年に配信された記事のなかで反響が大きかったものを再公開する(8月28日、10月24日に掲載されたものを再編集)。

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 50歳までNPBでプレーし、通算219勝を挙げたレジェンド・山本昌さん(元中日)。これまで数々のアマチュア投手の活躍を予言し、課題を言い当ててきた山本昌さんが、今年の高校生・大学生・社会人でドラフトで指名された19投手を一挙に分析。レジェンドの目にどのように映ったのだろうか?中日にドラフト1位指名された中京大中京・高橋宏斗高橋宏斗(中京大中京/183センチ・79キロ/右投右打)→中日ドラフト1位

ひと目見て、すばらしいピッチャーだとわかります。とくに腕の振りの強さには圧倒されますし、ボールの走りがすばらしい。ここまでボールが走るピッチャーは久しぶりに見ました。ストレートはプロでもすぐに通用するのではないでしょうか。大学進学かプロかで進路を悩んでいるようですが、プロ志望届を出せば1位指名は堅いでしょう。上の世界で活躍するためのポイントは、タテの角度をつけて投げるタイプではないので、緩い変化球を投げられるか。また、フィニッシュで体が一塁側に向く傾向があるので、本塁方向に真っすぐ向けられるか。いずれにしても、ぜひプロで見たいピッチャーです。