2020.10.19

指揮官もホレたフルスイング。
九州のアルトゥーベは何位で指名か?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 2014年から九州共立大の監督に就任した上原忠監督は自身が沖縄出身ということもあり、沖縄の好素材をスカウトすることで知られている。

 4年前、上原監督はある投手をスカウトする心づもりで、沖縄へと飛んだ。そして、目当ての投手が出場する試合の後に、前原高校の試合も視察することにした。「前原にいいバッターがいるらしい」という噂を耳にしたからだ。

 前原の打者を2打席見た段階で、上原監督は投手のスカウトに来た目的も忘れて「なんとしてもこのバッターがほしい」と惚れ込んだ。すぐさま前原の監督に「ウチにお願いできませんか?」と懇願したという。

「とにかくスイングの強さが魅力的だったんです」

 上原監督はそう振り返る。それが平良竜哉(たいら・りゅうや)との出会いだった。

豪快なスイングが魅力の九州共立大・平良竜哉 いかにもスラッガーらしい、大柄な選手というわけではない。現在のサイズは身長170センチ、体重78キロ。野球選手としては小柄な部類に入る。

 だが、平良のスイングをひと目でも見たら、体格のことなど忘れてしまう。

 大学1年秋に出場した明治神宮大会では、大学日本代表に選ばれた栗林良吏(名城大/現・トヨタ自動車)のスライダーをバックスクリーンに放り込んだ。

 全身がねじ切れんばかりの豪快なフルスイングは、見る者を魅了する。本人が敬愛するのは、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)。身長167センチの小兵にもかかわらず、首位打者を3回、シルバースラッガー賞を5回獲得しているMLBのスター選手だ。

 平良に聞いてみた。このフルスイングの原点はどこにあるのか、と。すると、平良は野球を始めた幼少期からずっとフルスイングを貫いていることを明かした上で、こう続けた。

「ピッチャーは全力でくるんで、僕も全力でいったほうがいいと思ったんです。そんなシンプルな考えでしたね。周りに何か言われても、これが普通だと思っていました」

 全力には全力で。まるでバトル漫画の主人公のようなセリフを真顔で語った平良を見て、上原監督が苦笑混じりに漏らした「彼は感性が違う」という言葉を思い出した。