2020.10.20

大学ジャパンの遊撃手は社会人野球へ。
なぜプロ志望届を出さなかったのか

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 軽やかなのに、堅実。児玉亮涼(りょうすけ)の遊撃守備をひと言で言えばそんな表現になるだろう。

 この数年間、九州産業大の試合を見るなら、試合前のシートノックから見なければ損だと思っていた。ノッカーがバットを振る瞬間に、ショートの児玉が弾けるように飛び出す。打球の質を慎重に見極め、出る時は出て、引く時は引く。安全な捕球体勢から、安心のスローイングへ。

アマ球界屈指の守備力を誇る九州産業大の遊撃手・児玉亮涼 身長165センチ、体重63キロの小兵のフィールディングは機敏で、一歩一歩の動きに意図を感じる。だから軽くはあっても、軽率にはならないのだろう。

 守備中、本人が常に頭に描いていることは、華々しいファインプレーを見せることではない。

「アウトにできるものは確実にアウトにする」

 それが児玉のこだわりだという。

 2年時から大学日本代表のショート。アマチュア球界での知名度が高い名手である。今でも「高校生」と言っても通用するのではないかと思うような体格に、小動物系の愛らしいルックス。プロでも人気の出る素養を持っている。

 だが、秋が近づいても児玉がプロ志望届を提出することはなかった。社会人の名門・大阪ガスから内定を受けているためだ。

 児玉は「ずっと悩んでいたんですけど」と前置きして、その胸の内を明かしてくれた。

「自分としてはプロに行きたい思いが強かったんですけど、監督やいろんな方と相談しながら大阪ガスさんにお世話になることにしました」

 九州産業大の大久保哲也監督は児玉の守備力を評価しつつも、「プロに行くには、まだバッティングなどの力がない」と課題を口にした。今秋リーグ戦では不振から打順が一時8番に降格したように、打撃面で確固たる技術や実績が乏しい。

 大卒社会人の野手がプロ入りするハードルは高い。重要な公式戦でよほど突き抜けた能力を見せない限り、ドラフト指名されることは難しい。とはいえ、大阪ガスは近年、近本光司(阪神)、小深田大翔(楽天)と大卒社会人ながらドラフト1位で選手を送り出した実績がある。児玉はそんな先達に続きたいと考えている。

「近本さんも小深田さんも走れて、守れて、タイプ的に自分も近いと思うので。社会人でレベルアップして、活躍して、プロでも即戦力になれる力をつけたいです」