2020.10.16

甲子園出場後に高校中退。そこから
プロを目指す「生意気な」右腕の個性

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 ずいぶんダイナミックなフォームになったな----。

 タマホームスタジアム筑後の先発マウンドに立った戸田懐生(なつき)を見て、そう思わずにはいられなかった。

最速150キロを誇る徳島インディゴソックスの戸田懐生 身長170センチ、体重70キロ。野球選手としては小柄な体格だが、両腕を振りかぶってから左足を上げ、さらに上下に大きく段を作ってから体重移動する。腕が高い位置から出てきて、角度をつけてボールを叩きつける。高校時代の戸田のイメージはセットポジションであり、2段モーションでもなかった。3年の時を経て、躍動感が一気に増した印象を受けた。

「強いボールを投げたいという思いから、フォームを大きくしました。小さい体をいかに使うかを考えたときに、全身を使って2段モーションにして勢いをつけたほうがいいと思いました」

 薄い青地に縦縞の入ったユニホームは、藍色に変わった。高校2年夏は東海大菅生で松本健吾(亜細亜大)、山内大輔(武蔵大)らと強力投手陣の一角をなし、西東京大会では清宮幸太郎(日本ハム)を擁する早稲田実や日大三を破って甲子園に出場。戸田は3回戦の青森山田戦で先発し、1失点完投勝利。チームはベスト4まで進出した。

 だが、そこで戸田のキャリアは小休止する。右ヒジの故障により高校を中退し、通信制高校に転校。ヒジが回復すると、東海大菅生時代の指導者を通じて四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックスに入団した。規定により昨季はドラフト対象外だったものの、今年は指名解禁になる。

 今季は自己最速の150キロをマークした。常時140キロ台中盤とスピードは出ているものの、本人は現状にまったく満足していない。

「この1年、ずっと速い球を投げたい、力強い球を投げたいと追い求めて、体をつくって、フォームを試行錯誤してきました。でも、自分の理想のイメージからすれば、今の球は50パーセントくらいで......まだまだです。一番いいのは、バッターがわかっていても空振りする球。今はスピード的にももうひとつ物足りないです」