2020.08.01

「史上最悪の大誤審」が930万再生回数。
当事者が明かす大荒れ試合までの記憶

  • 菊地高弘●取材・文 text by Kikuchi Takahiro

当事者が振り返る40年前の「大誤審」 前編

中編:大誤審の前にあった知られざる死闘>>

 その映像を初めて目にした時は、驚きを通り越して、思わず笑ってしまった。

 某動画サイトにアップされていたのは、1980年夏の高校野球・埼玉大会決勝戦の試合映像である。見出しの「史上最悪の大誤審」という強烈なフレーズにひかれてクリックした私は、すっかり引き込まれていった。

 それは「誤審」から始まった。ランナーが二盗を試み、キャッチャーが二塁に送球する。だが、ショートは送球を弾き、落球したままランナーにタッチする。誰もがセーフと思った「空タッチ」だったが、二塁塁審は高々と右腕を掲げ、アウトコールをする。その傍らで、ショートがひっそりと地面に落ちたボールを拾い上げていた。

 一塁側ベンチから攻撃側の監督、選手が一斉にファウルゾーンに飛び出し、反発の声をあげる。監督の命を受けたキャプテンが二塁塁審のもとへ抗議に走る。審判4氏が協議するが、判定は覆らない。

 だが、再びアウトコールを受けてもランナーは二塁ベースから離れようとせず、キャプテンは何度も抗議に走る。騒然となったスタンドからは、判定に納得できないファンが何人もグラウンドに下りてくる。乱入したファンを監督が制し、首根っこをつかんで押し返す。私は高校野球でこんなシーンを初めて目にした。

 試合はそのまま再開されるのだが、大荒れに荒れた。イニング終了時には外野席から物が投げ込まれ、誤審を受けたチームはラフプレーを連発する。試合は誤審を受けたチームが2対7で敗れた。

 この顛末が収録された動画は、なぜか4年前に突如アップロードされ、現在930万以上の再生回数をあげている。

「えっ、930万! そんなに?」

 驚きの声をあげたのは、国府田等(こうだ・ひとし)さん。当時、抗議に走ったキャプテンである。今年10月に58歳になる、大手企業に勤めるサラリーマンだ。