2020.07.18

阪神・西純矢の後継者は順調に成長中。
岡山の隠し玉は捕手から再転向の大型右腕

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

 遊撃手に好選手がひしめくのも見逃せないポイント。

 1年夏に定位置を掴んだ創志学園の森田貫佑(かんゆう)は、打席で機転が利く野球巧者。攻守にエネルギー溢れる玉野光南の岡野一磨、球際に強い美作の小西典樹、中軸クラスの打力を見せる倉敷商の2番打者・原田将多、冬場に10万スイングをやり抜き、スイッチヒッターに転向したおかやま山陽の森原健太、しぶとくヒットゾーンに運ぶ打撃と丁寧な守りの両面で存在感を放つ岡山一宮の江口雄介、足の運びが軽快な岡山南の井上隼也らは、この夏も"内野の華"としてグラウンドを彩るはずだ。

 そのほかの野手では、関西の恋田孝一朗と森安亮太の左右のスラッガー、秋は"攻撃的2番"として起用された金光学園の中村啓馬、瞬発力と反応のよさが光る守備と右方向にも落とせる打撃が売りの土山翔生(どやま・しょうせい)とチャンスに滅法強い楠本優の岡山理大付の内野手コンビ、下級生時代から定評のあった豪快なスイングに技術も合わさってきた倉敷商の福島大輝らが有力か。

 捕手では共生の主将を務める林承緯(リン・チェンウェイ)に要注目。李杜軒(元福岡ソフトバンクほか、現琉球ブルーオーシャンズ)、呉念庭(埼玉西武)らのプロ選手を育て上げた森下雄一監督もその素質を評価する右の強打者は、秋の公式戦終了後に内野手から捕手にコンバート。捕手出身の太田学コーチの考案したメニューに貪欲に取り組み、マスク姿も様になってきた。今夏を最後に休部となる共生の主将としての奮闘にも期待したい。

関連記事