2020.07.15

明石商の豪腕・中森、強打者・来田らドラフト上位候補がド派手に躍動

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
兵庫編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開く。兵庫では県独自の代替大会「夏季県高校野球大会」が7月18日よりスタート。白熱の試合が期待される中、注目選手を紹介する。
明石商の速球派右腕・中森俊介  2018年夏から4季連続で甲子園への切符を手にした明石商。昨夏の甲子園で最速151キロを叩き出した右腕・中森俊介は順調な仕上がりだ。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で実戦から遠ざかったものの、その約3カ月は下半身強化などの練習を地道に続けてパワーアップ。速球にさらに磨きがかかり、独自大会では球速の自己ベストを更新する可能性がありそうだ。

 主将で左の強打者・来田涼斗(きた・りょうと)は6月末の練習試合で高校通算30号の本塁打を放ち、好調ぶりがうかがえる。中森と来田は、1年生の夏から大舞台を踏んできた投打の柱で、ドラフト上位候補とされている。

 明石商の選手層は厚い。2人のほか、昨夏からレギュラーで攻守の要となる遊撃手・井上隼斗、勝負強さに定評があり打線主軸を担う植本拓哉にも注目だ。さらに、左の強打者・福本綺羅(ひかる)は、狭間善徳監督が期待する2年生バッターで、長打力が高い。投手陣は、中森を救援する中野憂翔、根木郁光の右腕コンビも素材が光る。

 昨秋の県王者となった報徳学園は、最速142キロで多彩な変化球を操るエース右腕・坂口翔颯(かすが)が冬を越えて大きく成長。秋から昨年末にかけて肘の状態が思わしくなかったが、冬場は投げ込みを控えて体作りに徹した。下半身の安定感を得るとともに肘の不安も払拭したようだ。