2020.07.15

栃木では作新学院に今年も多くの好選手。
中日の快速右腕の弟も強打で注目

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
栃木編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を行なうことを決めた。栃木は7月18日から「2020年 栃木県高校野球交流試合」が開幕。白熱した戦いが繰り広げられるなか、活躍が期待される好選手たちを紹介したい。

昨年、2年生ながらU18日本代表に選出された作新学院・横山陽樹 昨年まで夏の甲子園に9年連続出場を果たすなど、もはや県内では無敵状態に近い作新学院。昨年からクリーンアップに座る横山陽樹(はるき)が今年も健在。昨年夏は外野、秋は遊撃手としてプレーしていたが、今年に入り中学時代のポジションだった捕手に戻り、持ち前の強肩とインサイドワークで豊富な投手陣をリードする。

 投手は2年生ながら度胸抜群の左腕・井上力斗がマウンドを守る。緩急の使い方が絶品で、すでに県下No.1の呼び声が高い。

 野手は横山とともに中軸を担う180センチ、80キロの一塁手・鈴木蓮に注目。左打席から高校生離れした打球を連発するスラッガーだ。

 この作新学院を昨年秋の大会で破ったのが佐野日大。立役者となったのが、186センチの大型右腕・長島幸佑(こうすけ)。140キロ台のストレートを投じるパワーがありながら、力勝負にはこだわらず、スライダー、チェンジアップを交えて打者のタイミングを外そうとする意識が芽生えてから安定感が増した。

 打者で核となるのが、184センチの右打者・藤澤涼介。インコースの難しい球を長打にできる技術を持っており、ツボにくれば軽々オーバーフェンスする力もある。

 投手力の高さなら国学院栃木。昨年から主戦格として投げている左腕の増野綾人、1年時ですでに140キロ台をマークした快速右腕・神山陽登(はると)、将来性ならナンバーワンと評するスカウトもいる191センチの大型右腕・シャピロマシュー一郎と、楽しみな素材がひしめく。

 打線も昨年からレギュラーとして残る選手が多く、経験値が高い。不動の4番・高沢孝介、左打ちの長距離砲・星野弘熙(こうき)、馬力十分の黒宮真幸が並ぶ重量打線は破壊力抜群。