2020.07.10

スカウト注目の逸材がそろう仙台育英。打倒に燃える有力校の実力は?

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by Nikkan Sports

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
宮城編

新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開く。宮城では7月11日から独自大会「東北地区高校野球宮城大会」を開催。熱戦の中心になると期待される選手たちを紹介する。

 ピッチングセンスと安定感では、仙台育英のプロ注目左腕・向坂(むかいざか)優太郎が県内随一と言えるだろう。
プロ注目左腕・仙台育英の向坂優太郎投手 ストレートは140キロ前後。カーブ、スライダー、チェンジアップ、スプリットと変化球は多彩で、各球種の精度も高い。向坂がその実力を存分に示したのは昨秋の東北大会準決勝。変化球をうまく交えた丁寧な投球で、盛岡大付打線に的を絞らせず、被安打は序盤の3本のみ。8回13奪三振の快投を見せた。

 チームメイトには、2年生ですでに全国クラスの投手が2人いる。左腕の笹倉世凪(せな)、右腕の伊藤樹(たつき)は、いずれも140キロ台後半の速球を投げる。

 投手では、大崎中央の上手投げ右腕・氏家(うじいえ)蓮にも大きな注目が集まる。エースとして出場した1年秋の東北大会で、当時青森山田の堀田賢慎(現・巨人)に投げ勝って脚光を浴びた。氏家は、身長171センチと大きくはないが、バランスの整った投球フォームから投げ込む直球は、昨秋時点で144キロ。今春には150キロ超えを記録している。自慢の速球はまだ進化する余地があるように見える。

 同じくストレートが持ち味で、140キロ台中盤の球速を放る仙台育英の阿部恋(れん)も成長著しい右腕。遠投は優に100メートルを超える地肩の強さがあり、2年生の春に内野から投手へ転向。伸びのある真っ直ぐと投げっぷりのよさに将来性を感じる。