2020.07.09

甲子園交流試合出場、長崎の投手王国・
創成館に屈指の逸材たちが挑む

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Nagasaki Shimbun/Kyodotsushin images

 海星の185センチ右腕・丸嶌遼は、長身から投げ下ろす130キロ台中盤の直球に将来性を秘める。また、グラウンドを縦横無尽に動き回る遊撃手の浦田俊介は、守備が光る。昨年、左手首を骨折したが、万全であれば華麗な守備を見せてくれるはずだ。

 創成館を破って昨秋の県王者に輝いた大崎。清峰や佐世保実での豊富な指導実績をもつ清水央彦監督が、ここでも好投手を育てている。右エースの田中駿佑はスライダー、カットボールが冴える。特にカットボールはキレ抜群で、過去に清峰の投手王国樹立に一役買った清水監督直伝の魔球といっていい。2年生右腕の坂本安司も"清水ボール"の使い手だ。大崎には巧打者・調祐李(しらべ・ゆうり)もいる。プレーの端々から野球センスが溢れ、見ていて楽しい選手だ。

関連記事