奥川恭伸から豪快アーチ。
京都No.1スラッガーは「飛ばす力が増した」

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Nikkan sports

 乙訓のエース右腕・林翔大は、肘の使い方が柔らかく、チェンジアップで緩急を使う投球術が光る。ストレートにも磨きがかかってきており、140キロ半ばを計測する。主将の外野手・味田陽晴は、派手さはないが、シュアな打撃でチームを引っ張る存在だ。

 昨夏京都代表の立命館宇治は、甲子園レギュラーが4人残る。投手も兼任する外野手の荒井豪太(ごうた)は、投打でチームを支える。打線は、捕手の浅野彰久、遊撃手の星川健太ら甲子園経験者がたたみ掛ける格好でチャンスをつかむ。

 昨秋の近畿大会に出場した東山は、主将で巧打者の田中陸を中心にチームがまとまっていて、総合力が高い。捕手の吉田優輝のリードには工夫が随所に見られる。

 DeNAでプレーした染田賢作氏が昨春監督に就任した西城陽は、昨秋公式戦で4番としてホームランを放つなど長打力の高い重村尚哉が強い存在感を示す。

 古豪の鳥羽は、右腕・三浦浩太郎、左腕・竹野陽太の2枚看板で勝負する。近年、メキメキと力をつける京都共栄は、キレのあるスライダーが武器の2年生左腕・遠藤翔海(かける)が成長著しく、この夏さらなる飛躍が期待される。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る