2020.06.14

奥川恭伸との投げ合いで大注目。
遊学館・高田は最後の打倒・星稜に挑む

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

 近年、石川県の高校野球は星稜の"1強時代"が続いている。2018年春から2020年春()まで5季連続して甲子園出場を果たしており、昨年夏は準優勝に輝いた。
※今春のセンバツにも出場が決定していたが、新型コロナウイルスの影響により大会は中止となった

 いまや全国屈指の強豪校として存在感を示しているが、昨年夏の石川大会では星稜を苦しめたライバル校が多くあった。そのうちのひとつが遊学館だった。

 遊学館が1996年に女子校から共学となり、野球部は創部からわずか1年4カ月で甲子園を果たすなど、現在まで春1回、夏6回出場している。

昨年夏、石川大会で星稜相手に好投した遊学館の高田竜星 そんな遊学館に高田竜星という期待の投手がいる。地元・金沢の兼六中時代に軟式の全国大会でノーヒット・ノーランを達成し、ベスト8まで進んだ。遊学館に入学すると、すぐにチームの戦力となり、1年夏からベンチ入りを果たし、秋からはエースとなった。

 そんな高田の評価をさらに上げたのが、昨年夏の石川大会準々決勝での星稜戦。相手のマウンドには、言うまでもなくエースの奥川恭伸(現・ヤクルト)が立っていた。

 試合は初回に星稜が2番・有松和輝のソロアーチで先制。3回にも内野ゴロの間に2点目を挙げると、その後、二死一、二塁となった場面でマウンドに上がったのが高田だった。