部員4人→甲子園常連校へ。帝京・
前田監督が「名将」と呼ばれるまで

  • 楊順行●文 text by Yo Nobuyuki
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

「とはいっても試合に出られるわけじゃなく、ベースコーチャーが役割だった。でも『ここがオレのポジションだ!』と、死にものぐるいで野球を勉強したよね。相手投手のクセを探し、戦術を研究し、チームを盛り上げる。あの経験は、いまチームづくりをするうえで財産です。選手の動きというものを広い視野で見られたし、中心選手にやる気を起こさせるとチームが一変するというのも、この時に学んだことでした」

 前田がベースコーチャーを務めた1971年春、帝京大は首都大学リーグで初優勝。大学選手権でも1勝を挙げた。

 大学の事務局長も務める野球部長から「帝京高校の監督にならないか」と持ちかけられたのもこの頃だ。プロ野球は夢物語でも、前田にはまだ現役への未練があった。社会人野球に進んでプレーしたい......前田は迷いに迷った。

 その一方で、「前田は指導者向き」という評価も聞こえてきた。ノックの腕はピカイチで、難易度の高いキャッチャーフライも自在だから、捕手陣によくノックをせがまれた。

 そして前田の心を動かしたのが、ライバルの存在だ。前田が高校3年の夏、千葉の習志野高校が全国制覇を果たすのだが、エース・石井好博は中学時代に近隣の房総から同じ県大会に出た身近な存在。そんな石井が出場した甲子園に行ってみたい。それには高校の指導者はいいチャンス......こうして1972年、帝京・前田監督が誕生した。

3 / 6

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る