2020.03.31

チームの不祥事で出場辞退も経験。
ドラフト候補の今川優馬は不屈の精神を持つ

  • 高木遊●文 text by Takagi Yu
  • photo by Takagi Yu

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のためプロ野球の開幕が延期になっただけでなく、アマチュア球界もセンバツ甲子園の開催中止をはじめ、コロナが大きな影響をもたらしている。

 例年ならば、この時期からが熱を帯びていく本番なのだが、観戦ができずにもどかしい思いをしている野球ファンも多いことだろう。また選手にとっても野球が当たり前にできることにありがたみを感じているに違いない。

 社会人野球JFE東日本のスラッガーであり今秋のドラフト候補でもある今川優馬もそのひとりだ。

力強いバッティングが持ち味のJFE東日本の今川優馬 事情は違うが、東海大北海道キャンパス4年の春にチームの不祥事により、出場を決めていた全日本大学野球選手権の辞退を余儀なくされた経験を持つ。

「頭が真っ白になりました。とくに4年生は進路が決まっていない選手も多く、人生をかけていた。それだけにすごく悲しかったです」

 まだ進路が決まっていない4年生にとって、大学選手権は就職活動と言うべき舞台である。なにより、仲間たちと日本一への挑戦すら奪われてしまった。

 それだけに今回のセンバツ中止については「当事者は辛いと思います。一生に一度の大きなイベントですから......」と選手・関係者を慮(おもんぱか)る。

 一方で「ここで腐るか腐らないかがターニングポイント。やるべきことをいかにやれるかだとも思います」とも話し、それは選手・関係者らに贈るエールでもあり自身を鼓舞する言葉でもあるように聞こえた。