2019.10.21

高卒3年でプロを解雇された男の決意。
「軟式」からNPB復帰を目指す

  • 永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro
  • photo by Nagata Ryotaro

 5打数0安打3三振。

“元プロ野球選手”のプライドはズタズタに引き裂かれた。

 10月4日、「いきいき茨城ゆめ国体2019」の軟式野球競技の1回戦。福島県代表、相双リテックのメンバーとして出場した元ロッテの脇本直人は、福岡県代表の北九州サニクリーンの2投手の前に完璧に封じ込まれた。

再びNPBを目指して日々練習に取り組んでいる脇本直人 先発した相手投手の球速は、120キロ台後半から130キロ台前半のボールがほとんど。それでもストレートと同じ軌道からベース付近で鋭く曲がる変化球に、最後まで自分のバッティングをさせてもらえなかった。

 脇本は高校時代、健大高崎(群馬)の選手として2014年夏の甲子園に出場。4試合で16打数8安打、6盗塁を記録して、全国にその名を轟かせた。

 大会後は、侍ジャパンU-18の日本代表にも招集され、切り込み隊長として活躍。同年秋のドラフトでロッテから7位指名を受けて入団。将来を嘱望されてのプロ入りだったが、3年後の2017年に戦力外通告を受け、21歳でプロの世界を去ることになった。

「今は軟式の実業団(相双リテック)に入ってやっているんですけど、たまにテレビでプロ野球の試合を見ていると、『あそこでやりたいな』と思う気持ちは出てきます。ロッテはもちろんですけど、ほかのチームの試合を見ていてもそういう気持ちになる。それが今の自分を奮い立たせているというか、『もっと頑張らないとな』って思います」

 戦力外通告から2年──握るボールは”硬式”から”軟式”に変わった。23歳の青年は突きつけられた厳しい現実にもがきながらも、自分に残されたわずかな可能性にかけようと、光の射す方向を探している。

「今のまま野球だけをしていてもいいのか……」

 そんな将来の不安も感じながらも、野球をしている時はすべてを忘れさせてくれる。

 元プロ野球選手である脇本が、この国体でこれほどバッティングに苦しんだのには、もちろん理由がある。