2019.03.25

二刀流ドラフト候補・菅田大介の挑戦
「目指すはインフルエンサー」

  • 高木遊●文・写真 text&photo by Takagi Yu

 1回表の打席で空振り三振を喫した後、マウンドに上がった。だが、緊張とアマチュア野球での使用球と異なる縫い目のヤマが小さいNPB球に苦戦。球が滑って制球に苦しみ、いきなり連続四球を与えると2本のタイムリーを打たれ、初回に3失点を喫した。

 酒井真二監督も「どうなるんやろうと心配になりましたよ」と苦笑いで振り返ったが、徐々に持ち直した。

 2回から走者なしでもセットポジションにし、リリースも「いつもよりボール2つ分くらい低めに叩きつけるイメージ」(菅田)で修正。5回にも連打で1点を失い、ストレートの最速は139キロで自己最速の146キロには遠く及ばなかったが、新たに取り組んできたチェンジアップなどの変化球を織り交ぜてなんとか4失点にまとめ、6回からはライトのポジションについた。

 打撃でも、第1打席でやや甘く入ったファーストストライクを見逃してしまったが、その後はしっかりと球を見極めて、ライト、レフトにそれぞれ1本ずつヒットを放った。

 また第2打席は死球で出塁すると、すかさず二盗に成功。足でもアピールした。実戦に入ってまだ期間は浅く、沖縄キャンプ前だったことを考えれば、投打ともまずまずの内容だったと言っていいだろう。

 試合後、菅田は「打撃はいつも通りできました。投球も『プロはすごいな』と思った場面もありましたが、自分がしっかりレベルアップしていければ、(力の差は)そう遠くはないと感じることができました」と、手応えを語った。

 また視察に訪れたスカウトのひとりは、「打つ方は昨年から評価していますし、スケールの大きな選手。(二刀流になり)投打それぞれで中途半端になるのは怖いが、投手としても(ボールに)角度があるので今後も見ていきます」と、引き続き調査を続けていくと言う。

 菅田は今春の目標について、外野手用のグラブに刻む『インフルエンサー』(これも乃木坂46の楽曲のタイトル)の言葉のごとく「チームに影響を与えられるような、ひとつの球やひと振りでチームの流れを変えられるような、そんな選手になりたいです」と語る。

 二刀流を成功させるには通常の2倍、もしくはそれ以上の苦労があるだろう。だが菅田は「そのプレッシャーを楽しまないと結果も出ない」と今の自分を無駄にすることなく、前向きに挑戦を続けていく。

関連記事