2018.12.06

松本航のボールのキレ、東妻勇輔の度胸。
元プロコーチは衝撃を受けた

  • 高木遊●文 text by Takagi Yu
  • 中西陽香●写真 photo by Nakanishi Haruka

 こうしたことからもわかるように、辻は個性や状況に応じた指導を心がけている。

「同じ右投手でも人によって違うし、左投手でもそう。ひじを痛めたことがある子とない子ではまた違いますから」

 これはプロ時代の経験が大きい。投手コーチ、トレーニングコーチ、トレーナーにそれぞれ役割が与えられている中で、辻は多くの質問をすることで、それぞれの大切さを感じ様々なモノの見方を学んだからだ。

 また、同じユニフォームを着た名選手から受けた刺激も大きかった。とくに現在でも親交のある山本昌との出会いは、辻にとってかけがえのないものだった――。

つづく

関連記事