2017.12.27

2018ドラフト候補の大学生投手5人。
ジャパン合宿で見たら凄かった

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 私事で恐縮だが、毎年、野球の取材現場の最後は松山(愛媛)と決めている。翌年の国際大会の主力となる大学ジャパン候補たちが一同に集結するからだ。今年も全国の大学リーグから推薦を受けた50人の選手たちが集まり、3日間の合宿が行なわれた。

 午前中にシートノック、バッティング練習が行なわれるのだが、選手たちにとって最大の”アピールの場”となるのが紅白戦だ。代表入りに向け、ここでどんなプレーを見せられるかが重要になってくる。

 当然、代表候補のなかには、2018年ドラフトの主役になりそうな逸材が数多くいる。その中から、まずは投手を紹介したい。

今年秋のリーグ戦で完全試合を達成した関西大の山本隆広 東京六大学の代表が法政大の菅野秀哉(かんの・しゅうや/3年/右投右打/福島・小高工)なら、東都大学の代表は東洋大の甲斐野央(かいの・ひろし/3年/右投左打/東洋大姫路)だ。

 この秋、法政大のエースとして4シーズン目を迎えた菅野には、徐々に”エースの貫禄”が漂ってきている。ゆったりと自分のリズムで投球動作に入り、自然の流れで腕を振り下ろす。

 菅野のいいところは、無理に速いボールを投げようとしないことだ。だから、スコアボードの球速表示など、まったく見向きもしない。とにかく「打者の間合いでスイングさせないこと」を第一に考えたピッチングは、野球的精神年齢の高さを感じさせる。

 一方、甲斐野は持っているエンジンの大きさが頼もしい。今年秋のリーグ戦で150キロをマークしたというから、素材は間違いなく一級品。ただ、菅野に比べるとまだピッチングにあどけなさが残る。