2017.08.26

今夏は2年生が凄かった。
甲子園で光った100回大会の主役候補たち

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 花咲徳栄の埼玉県勢初となる優勝で幕を閉じた第99回高校野球選手権大会。来年はいよいよ第100回大会を迎える。記念大会となるため、出場校は今年よりも7つ多い56校となる(埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡も2校出場)。そして100回大会の主役となる現2年の選手たちは、多くが2000年生まれで、しかも逸材揃いということもあり"スーパーミレニアム世代"と呼ばれている。

 実際、この夏の甲子園でも「おっ、いいな!」と思う選手は、たいてい2年生だった。彼らが主力となる来年は、今からハイレベルな戦いが期待されている。そこで甲子園で見つけた第100大会の主役になりそうな逸材たちを紹介したい。

センス溢れるプレーを見せた聖光学院の矢吹栄希 筆頭は、根尾昂(投手・内野手・外野手)や藤原恭大(外野手)、柿木蓮(投手)の"大阪桐蔭組"と、万波中正(投手・外野手)や斉藤大輝(内野手)の"横浜組"。高校球界を代表するこの名門2校には、「なんとしても100回大会で優勝するんだ!」との気迫を感じるほど、全国から選りすぐりの精鋭たちが集められた。ひとりひとりは紹介できないが、まだまだ宝が埋まっているのは間違いない。

 このほかでは、優勝チームの4番を担った野村佑希(花咲徳栄/内野手)、興南戦で特大の一発を放った林晃汰(智弁和歌山/内野手)、2試合で3本塁打の中澤樹希也(青森山田/外野手)、打率6割をマークした浜田太貴(明豊/外野手)らの選手が、評判通りの活躍を見せた。

 前述した大阪桐蔭、横浜の選手たちを含め、彼らはこれから1年の結果次第ではドラフト上位候補になりうる存在である。当然、彼らのことは大会前から知っていたし、甲子園での活躍を見ても驚きはなかった。