2017.08.11

まさかの逆転負けも、木更津総合・
山下輝に「エースの品格」を見た

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 2年時の甲子園はファーストで出場し、3年生になって投手として初めて立った甲子園のマウンド。その景色について尋ねると、山下はこのときだけ少し饒舌になった。

「甲子園のマウンドは投げやすかったです。全体を見渡せて、本当に(球場の)中心に立っているので……。緊張は多少あったんですけど、いつも通り投げようと思っていたのに、投げられなくて悔しいです」

 気になる進路について、山下は「どこでやるかわからない」と明言を避けた。五島監督も「これから本人と話しますが」と前置きした上で、こう述べた。

「先輩が大学に行くケースが多いので、その可能性は高いと思います」

 もし進学となれば、ひとまず今秋のドラフト上位候補が人消えることになる。だが、いずれにしても、この重厚感のある大型左腕は聖地での屈辱をさらなる養分に換えて、よりスケールの大きな選手へと進化していくはずだ。

■高校野球 記事一覧>>

関連記事