2012.04.19

【大学野球】理工学部の豪腕
慶應大・福谷浩司が語る『卒論とドラフト』

  • 水田陽●文 text by Mizuta Akira
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

横須賀高校時代から愛知県では評判の投手だった福谷浩司 慶應大学の4年生右腕、福谷浩司。高校時代からプロスカウトの注目を浴びてきた逸材が、今秋のドラフトの目玉となっている。大学2年の秋には、斎藤佑樹(日本ハム)、大石達也(西武)、野村祐輔(広島)らを抑えて、ベストナインに選ばれた。3年春には防御率0.59を記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得。昨年の全日本大学選手権決勝では、東洋大の藤岡貴裕(ロッテ)と投げ合い、敗れはしたが球史に残る投手戦を演じた。その悔しさを胸に秘め、日本一にかける思いは誰よりも強い。

―― プロの世界で長く活躍された江藤省三監督の指導を受けて2年半が経ちました。学んだことは多かったのではないでしょうか?

「いちばん印象に残っていることは、負けたあとにどう振舞うかということです。監督は負けた時に選手以上に悔しがるんですけど、とにかく切り替えが早い。負けが続いてもいつもとまったく変わらない。『野球は甘い世界じゃない。たとえ負けたとしても、切り替えて次を見据えなければいけない』と教わりました」

―― 福谷投手自身も切り替えは早いほうですか?

「早いほうだと思います。打たれた時も、どうしようではなく、ピンチを楽しむくらいの気持ちでいます。つらい顔をしていると、相手に上から見られますし、チームの雰囲気も悪くなる。今年は結果が求められる1年になりますが、勝負を楽しむということは大事にしていきたいと思っています」

―― 福谷投手といえば、150キロを超すストレートがまず浮かびます。福谷投手のストレートとは?

「藤川球児(阪神)さんのような『押す』でもなく、ダルビッシュ有(レンジャーズ)さんのような『切る』でもない。イメージとしては『叩きつける』です。狙う場所は構えたキャッチャーミットよりも少し下。そのためにも腕を縦に振ることを意識しています。3年の春のシーズンは、いちばんいい投げ方ができていました。リリースまで無駄な力が一切入らず、リリースの時は『ピッ!』と音がしていました。でも、キャッチャーや打者に聞くと、『重い球がドーンとくる』感じだったらしいです」

―― 他にピッチングの時に意識していることはありますか?

「藤岡さんのような角度のあるストレートを目指しています。とにかく今は、ボールを軽く握って、高い位置からリリースすることに取り組んでいます。以前、宮本慎也(ヤクルト)さんが、前田健太(広島)さんのストレートを『打つのに集中力がいる球』と言われていたんです。それぐらいのことを言われるストレートを投げたいですね」

―― 変化球についてはどうですか?

「スライダーに関しては、ストライクを取りにいくのと、空振りを取りにいく2種類を持っています。ストレートと同じ腕の振りでないと意味がないので、縦ぶりで投げられる変化球にしました。一時期はスライダーの回転数をプログラミングして研究したこともあります。試行錯誤しているうちに、ツーシームの握りを少しずらして縦ぶりで投げたら、真横に曲がることがわかったんです。ナチュラルスライダーが進化した感じです。おそらくこの球は僕にしか投げられないかもしれません。あとは落ちる系の球を習得したいですね。そうすれば、さらにピッチングの幅も広がってくると思います」