2015.09.29

【自転車】TeamUKYOが伝統の「輪翔旗」をついに獲得!

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第76回】

 9月27日に行なわれたJプロツアー第19戦・経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップは、日本サイクルロードレースの歴史において、もっとも重要な大会のひとつとされている。各チームともフルメンバーで参戦した今大会で、激闘を制したTeamUKYOの戦いぶりを振り返る。

(前回コラムはこちら)

チーム結成4年目でついに「輪翔旗」を獲得したTeamUKYO「輪翔旗(りんしょうき)」というものが、日本のサイクルロードレース界にある――。

 正式名称を、「経済産業大臣旗」という。この争奪戦である「経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ」は、現在のJプロツアーが実業団レースとして行なわれていた時代から連綿と今に続く、伝統のある大会だ。第1回は1968年に鈴鹿サーキットで開催され、途中に休止の年を挟みながら、今年で49回目を迎える。このレースは夏の終わりから初秋にかけたこの時期、毎年戦いの舞台を変えながら行なわれているが、今年は9月27日に群馬県の群馬サイクルスポーツセンターで開催された。

 現在のJプロツアーでもっとも伝統のある大会で、しかも、「輪翔旗を争奪する」という象徴的な意味もあって、年間全24戦のなかでも各チームが最重要視するレースだ。ステータスと同様に、難易度も高い。レースのレイティングが最高の「AAA」にランクされているのは、Jプロツアーでは唯一、この大会だけだ。