【自転車】チーム結成4年目、TeamUKYOに「今」必要なこと

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

「チームが100パーセントで機能するためには、組織力や選手層の厚さは当然必要で、そのためには4人や5人の強い選手を揃えるだけではなく、15番目や16番目の選手でも勝てるという状態になっていなければならない、と思うんですよ。だから、僕たちの次のステップは、チームの中の8番目や9番目、10番目、11番目の選手たちが、挫折や失敗を乗り越えて大きく成長を遂げること。

 Jプロツアーの個人とチームを制覇するためには、悠長なことをしている余裕はないかもしれないけれども、でも、彼ら若手選手の成長は、来年以降に向けて大きな意味がある、とも思うんです」

(次回に続く)

プロフィール

  • 片山右京

    片山右京 (かたやま・うきょう)

    1963年5月29日生まれ、神奈川県相模原市出身。1983年にFJ1600シリーズでレースデビューを果たし、1985年には全日本F3にステップアップ。1991年に全日本F3000シリーズチャンピオンとなる。その実績が認められて1992年、ラルースチームから日本人3人目のF1レギュラードライバーとして参戦。1993年にはティレルに移籍し、1994年の開幕戦ブラジルGPで5位に入賞して初ポイントを獲得。F1では1997年まで活動し、その後、ル・マン24時間耐久レースなどに参戦。一方、登山は幼いころから勤しんでおり、F1引退後はライフワークとして活動。キリマンジャロなど世界の名だたる山を登頂している。自転車はロードレースの選手として参加し始め、現在は自身の運営する「TeamUKYO」でチーム監督を務めている。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る