2017.02.26

【新車のツボ133】
マツダ・アテンザ・ワゴン、
このクラスでまさかのマニュアル人気

  • 佐野弘宗●文・撮影 text&photo by Sano Hiromune

【新車のツボ133】

 マツダといえば「便利さよりカッコ良さ、そして、走りや運転感覚へのこだわりがスゴイ」という点で、今や日本のクルマオタクの星……ともいえる自動車メーカーである。そんなマツダの最高級車アテンザについては、発売間もない時期にも「こんな高級車なのに、ディーゼルでマニュアル(笑)」と、この連載でもXDセダンをご紹介した(第60回参照)。

 その現行アテンザもすでに発売から5年目に突入したが、今のマツダは欧州高級車ばりに毎年のように改良の手を休めず、”最新のマツダは最良のマツダ”と、まるで名門スポーツカーメーカー(=ポルシェ)みたいなセリフがピタリとあてはまる。

 実際、アテンザのマニュアル(MT)も発売当初は”XD”というディーゼルの最安グレート1種のみだったのに、発売翌年の2013年秋の一部改良で革内装の豪華グレード”XD Lパッケージ”にもMTが登場。さらに翌14年の大幅改良では、MTがディーゼル全グレードの3種類に増えただけでなく、新たに追加された4WDにもきっちりとMTを用意……と、オートマ全盛の現代にあって、にわかに信じがたいほどの”MT押し”がスゴイ。