2017.01.22

【新車のツボ132】
アバルト124スパイダー、
ガイシャなのに輸入車ではない

  • 佐野弘宗●文・撮影 text&photo by Sano Hiromune

【新車のツボ132】

“アバルト”は伊フィアットで特別なスポーツモデルにだけ与えられるブランド名である。そのアバルト名で先ごろ発売された124スパイダーは、正真正銘イタリアンブランドの正規商品なのだが、輸入車ではない。


 イタリア車マニアなら先刻ご承知のとおり、このクルマは日本のマツダ・ロードスター(第105回参照)と基本骨格を共用する兄弟車。広島のマツダ本社工場でロードスターとともに一括生産されて、アバルト名義で世界に出荷される。ただし、日本向けだけは広島からそのまま国内流通経路で、全国のフィアット販売店で販売されるのだぁ!

 多くの人は「日本でつくっているんだから当たり前だろ!」と思うだろうが、じつはこれ、けっこう歴史的な事件なのだ。

 自動車という製品は認証制度その他でがんじがらめで、勝手につくって勝手に売るのは許されていない。日本はその方面ではとくに厳しい。だから、前例のほとんどない124スパイダーのようなケースでは、いったん海外に輸出して、あらためて普通のイタリア車として再輸入したほうが、手続き的にはずっと簡単だったはずである。

 しかし、マツダとフィアットはあえて前例をやぶって、これを”イタリア名義の国産車”として売ることに成功した。台数が少ないので価格はロードスターより明らかに高いが、本格的な”ガイシャ”スポーツカーとしては十二分に安く、購入後の部品供給にも安心感がある。