2021.12.22

宮司愛海アナと内田嶺衣奈アナも北京五輪代表争いにドキドキ。全日本フィギュアスケート選手権の見どころは?

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

この記事に関連する写真を見る 宮司愛海連載:『Manami Memo』第29回

フジテレビの人気スポーツ・ニュース番組『S-PARK』とweb Sportivaのコラボ企画として始まった宮司愛海アナの連載『Manami Memo』。前回に引き続き、フィギュアスケート中継を担当している内田嶺衣奈アナとの対談。後編となる今回は、今週22日から開幕する「全日本フィギュアスケート選手権2021」について語り合ってもらいました。(※内容は取材時での情報です)

この記事に関連する写真を見る
前編(「印象深いのは髙橋大輔選手のシングル競技最後のインタビュー」)はこちら>>>


【日本代表の最終選考会となる全日本選手権】


宮司 2018年平昌オリンピックからもう4年が経つんですね。

内田 あれからもう4年か。平昌オリンピックでは現場で一緒にフィギュアを見ていたけれど、あっという間だよね。

宮司 来年、北京オリンピックがあるということで、そこに向けて今月22日からはじまる全日本フィギュアスケート選手権は、ものすごく大事な大会になると思います。どんな雰囲気になりますか? 私、代表がかかった全日本は初めてで。

内田 いやー、すごくしびれると思うよ。私がフィギュアスケート中継のキャスターについてから、すごくスケート界が変化してきているというのを感じていて。以前は女子がこんなふうに4回転ジャンプを跳ぶなんて、想像すらしていなかったから。

宮司 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳んで当たり前になっているなんて、という。

内田 男子のプログラムの4回転の本数を見ていても、こんな高難度の技をオリンピックシーズンにやるんだっていう驚きとすごさを感じる。でも、チャレンジしないと世界で戦っていけないという面もあって。樋口(新葉)選手のトリプルアクセルもそうだけど、「北京を見据えて何々に挑戦します」と選手が取り組んできた大技がどう大舞台で発揮されるのか。全日本という一発勝負の場で、あの緊張感とプレッシャーのかかるなか、そして選手の気持ちが高まっているなか、どんな演技がみられるのか。ドキドキもするし、楽しみ!

【全日本選手権での注目選手~女子編】

宮司 女子の3枠をめぐる争いはどうなると思いますか? 前回平昌に出た坂本(花織)選手と宮原(知子)選手はもちろんですけど、紀平選手(※今大会は欠場)とそして樋口選手もトリプルアクセルに成功しました。あと三原(舞依)選手ですね。

内田 三原選手がリンクに戻ってきて、生き生きと笑顔で演技をしているのがうれしいし、「おかえりなさい」って思いながら見てきたシーズンでもあったよね。そして、いつも中野(園子)コーチもおっしゃっているけど、三原選手は本当に本番に強いと。どういうふうに気持ちを込めた演技を見せてくれるのかなというのは楽しみ。

宮司 そうですね。坂本選手は平昌に出た時の経験を持って北京に向かっていくと思うのですが、ここまですごく調子もいいじゃないですか。
 
内田 坂本選手は4年前を振り返って、あの時は怖さを知らなかったから勢いで行けたということを言っていて。4年前の全日本とはまた違った思いで今回臨むことになると思うから、その重圧をはねのけて、坂本選手らしい力強い演技、あのはじける笑顔を見たいなって思うね。

宮司 そうですね。

内田 どの選手も納得のいく演技をしていい笑顔になってほしいなっていうのが、たぶん私たちの一番の望みです。