2019.09.14

MGC直前!上村アナ注目の「アジア王者」井上大仁のストロングポイント

  • photo by Yamamoto Raita

 ■TBSの上村彩子(かみむら・さえこ)アナウンサーが現場で取材した大会でのエピソードや舞台裏、インタビューしたアスリートの魅力や意外な一面などを伝えてくれるこの連載。今回のテーマは、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)。東京五輪の代表が決まるこのレースの注目のポイントは?

MGCの番組進行を担当する上村彩子アナ 15日に開催される東京五輪の注目種目男女マラソン代表を決めるMGC。とくに日本記録が昨年二度にわたって更新され、史上最高の盛り上がりを見せる男子は、日本が誇る31名のランナーが激突します。コースは、来年の東京五輪とほぼ同じ。新国立競技場が工事中のため、神宮外苑のいちょう並木からスタートし、日本橋、浅草、銀座など東京の名所をまわるコースです。TBSは男子のレースを当日の朝8時から放送し、私は安住紳一郎アナウンサーとスタート・フィニッシュ地点で番組進行を務めます。 

 今回は、ペースメーカーがいないこと、気温的にまだ暑いこともあり、展開の予想が難しいと言われています。それぞれの選手の実力も拮抗していますから、誰が東京五輪代表の2枠を獲得するのか。歴史に残る42.195キロになると思います!

 ニューイヤー駅伝やマラソン取材でお世話になり、応援したい選手がたくさんいるのですが……私がとくに注目しているのが、男子の「ビッグ4」。2時間5分50秒の現日本記録保持者の大迫傑(すぐる)選手、前日本記録保持者の設楽悠太選手、2018 年アジア大会金メダリスト井上大仁(ひろと)選手、福岡国際で日本人14年ぶりに優勝の服部勇馬選手の争いです。