2019.08.23

上村アナの先輩は五輪メダル候補。高跳び博士・戸邉直人のオタクな日常

  • photo by Yamamoto Raita

■スポアナ アスリートレポート■

 ■TBSの上村彩子(かみむら・さえこ)アナウンサーが現場で取材した大会でのエピソードや舞台裏、インタビューしたアスリートの魅力や意外な一面などを伝えてくれるこの連載。今回のテーマは、走り高跳びの日本記録を13年ぶりに更新した戸邉直人選手(JAL)。筑波大学で研究をしながら、東京五輪で金メダルを狙うアスリートの素顔に迫ります。

 先日、走り高跳び日本記録保持者の戸邉直人選手のインタビューに行ってきました!

 今年の2月に戸邉直人選手が日本記録を更新した2m35というこの高さ、なかなか想像がつかないと思いますが、電話ボックスくらいの高さと言ったらわかりやすいでしょうか。リオオリンピックだと銅メダル、前回の世界陸上だと金メダル獲得に相当する記録です。

 9月の世界陸上ドーハ、そして来年の東京オリンピックでもメダルの期待がかかる戸邉選手、実は私にとって高校の陸上部の先輩。私が1学年下で、戸邉先輩は当時から高跳びで、私はハードル。種目は違いますが、千葉県にある専修大学松戸高等学校の同じグラウンドで一緒に練習していました。

 戸邉先輩が高校卒業後も大学で高跳びを続けていたことは知っていましたが、2015年の世界陸上出場選手の中に「戸邉直人」の名前を見つけた時、「あの戸邉先輩? 世界陸上に出るの?」と驚きました。