2020.11.06

内田理央が新作アイアンでナイスショット。
プロのレッスンでついに覚醒!?

  • PROMOTION text by Sportiva
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

「Good Golf Life」連載第2回は、ゴルフ練習場でプロゴルファー塩見好輝選手と新作クラブ「SIMグローレ」のドライバーの試し打ちを行なった内田理央さん。第3回目はアイアンを試してみることになった。まだ初心者レベルだが、果たして狙ったところに球は飛んでくれるのだろうか。

優しい設計で球が上がりやすい

塩見 今度はアイアンにしましょう。SIMグローレにアイアンの新製品が出たので、ぜひ打ってもらいたいんです。

内田 こちらの新製品のポイントはありますか。

塩見 (ヘッドの)底の部分が重たくなっているので、どう打っても球が上がりやすいのが特徴ですね。アイアンはピンに向かって狙うクラブなので、球が低いとグリーンに乗らずに転がっていってしまうんです。でも球が上がることによってグリーンにヒットしやすくなるので、おのずとスコアが縮まってくるんです。このクラブは優しい設計になっていて球が上がりやすいんです。

内田 塩見プロもクラブもどちらも優しいんですね。

塩見 基本的には"優しい"がテーマでやらせてもらっています!(笑)

内田 ありがたいです(笑)。あのピンを狙って打ちたいと思います。(打席に立って)こんな感じでしょうか。

塩見 1回左手だけでクラブを持ってください。この状態で手首の力だけでクラブを上にあげられますか。(クラブを少し持ち上げる)。では親指を少し内側に入れて手の甲が少し見える持ち方と、その逆で人差し指から小指を内側に回して手の甲が見えなくなる持ち方とどちらが重たく感じますか。

内田 (人差し指から小指を内側に回して手の甲が見えない)こちらのほうがクラブが重たく感じます。

塩見 じゃあ手首を絞って親指を内側に少し入れた感じで持ちましょう。

内田 持ち方によって力の入りやすさが変わるんですね。

塩見 そうなんですよ。自分の中で一番力が入るところで持ったほうが、クラブを操作しやすいんです。最初のグリップ(握り方)はできるだけそのポイントを見つけて作ったほうがいいです。

内田 重要なのは左手なんですか。

塩見 基本的には左手でボールが飛ぶ方向をコントロールします。

内田 (1球打ってみる)。あっ、ピンに近づいてきました。

塩見 狙った方向に飛んでるからいいですね。打つ時は何か目標物を作って打たないといけないんです。ゴルフ練習場ではマットに線があったりしますが、ゴルフは線に沿って打つスポーツではありません。コースに出ると何も線がないので、自分がどこを向いているのかわかりづらいんですね。だから練習場では目標物を作って、そこに向かって打つ練習をしたほうが、上達は早くなります。(もう1球打ってみる)。おー、最高!