2020.11.06

内田理央が新作アイアンでナイスショット。
プロのレッスンでついに覚醒!?

  • PROMOTION text by Sportiva
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

「Good Golf Life」連載第2回は、ゴルフ練習場でプロゴルファー塩見好輝選手と新作クラブ「SIMグローレ」のドライバーの試し打ちを行なった内田理央さん。第3回目はアイアンを試してみることになった。まだ初心者レベルだが、果たして狙ったところに球は飛んでくれるのだろうか。

優しい設計で球が上がりやすい

塩見 今度はアイアンにしましょう。SIMグローレにアイアンの新製品が出たので、ぜひ打ってもらいたいんです。

内田 こちらの新製品のポイントはありますか。

塩見 (ヘッドの)底の部分が重たくなっているので、どう打っても球が上がりやすいのが特徴ですね。アイアンはピンに向かって狙うクラブなので、球が低いとグリーンに乗らずに転がっていってしまうんです。でも球が上がることによってグリーンにヒットしやすくなるので、おのずとスコアが縮まってくるんです。このクラブは優しい設計になっていて球が上がりやすいんです。

内田 塩見プロもクラブもどちらも優しいんですね。

塩見 基本的には"優しい"がテーマでやらせてもらっています!(笑)

内田 ありがたいです(笑)。あのピンを狙って打ちたいと思います。(打席に立って)こんな感じでしょうか。

塩見 1回左手だけでクラブを持ってください。この状態で手首の力だけでクラブを上にあげられますか。(クラブを少し持ち上げる)。では親指を少し内側に入れて手の甲が少し見える持ち方と、その逆で人差し指から小指を内側に回して手の甲が見えなくなる持ち方とどちらが重たく感じますか。

内田 (人差し指から小指を内側に回して手の甲が見えない)こちらのほうがクラブが重たく感じます。

塩見 じゃあ手首を絞って親指を内側に少し入れた感じで持ちましょう。

内田 持ち方によって力の入りやすさが変わるんですね。

塩見 そうなんですよ。自分の中で一番力が入るところで持ったほうが、クラブを操作しやすいんです。最初のグリップ(握り方)はできるだけそのポイントを見つけて作ったほうがいいです。

内田 重要なのは左手なんですか。

塩見 基本的には左手でボールが飛ぶ方向をコントロールします。

内田 (1球打ってみる)。あっ、ピンに近づいてきました。

塩見 狙った方向に飛んでるからいいですね。打つ時は何か目標物を作って打たないといけないんです。ゴルフ練習場ではマットに線があったりしますが、ゴルフは線に沿って打つスポーツではありません。コースに出ると何も線がないので、自分がどこを向いているのかわかりづらいんですね。だから練習場では目標物を作って、そこに向かって打つ練習をしたほうが、上達は早くなります。(もう1球打ってみる)。おー、最高!

内田 一番近づきました! 良かった。

塩見 今のめちゃくちゃいいじゃないですか。

内田 うれしい。今、塩見プロが言ってくれたとおりにやって狙った方向に行きました。私にとって奇跡というか、この子(SIMグローレ)のおかげかなと思います(笑)。

上達の近道は誰かに教えてもらうこと

内田 今日はプロのすごさを間近で感じました。

塩見 そう言ってもらえると、(プロゴルファーとして)やってきた甲斐があります。

内田 (打った時の)音も全然違っていて、こんなに違う音がするんだって衝撃でした。

塩見 身近で見てもらえると、もっと迫力がありますし、「おー」となると思います。

内田 その迫力にびっくりしちゃいますよね。

塩見 ゴルフは練習の回数が増えれば増えるほどうまくなるスポーツだと思います。あとはいい指導者に巡り合えるか、というものポイントだと思います。お父さんがゴルフをやられているのであれば、お父さんに教えてもらってもいいと思いますね。実際に誰かに教えてもらうのが、上達の近道かなと思います。

内田 最初、塩見プロとはどんな方なんだろうとドキドキしていたんですけど、同世代ですごくお話しやすかったです。

塩見 良かったです(笑)。

第1弾 動画はこちら ↓

第2弾 動画はこちら ↓

■プロフィール 塩見好輝(しおみ・こうき)
1990年9月4日生まれ、大阪府出身。父の影響で11歳からゴルフを始める。埼玉栄高で主将として全国高校選手権初優勝に導く。東北福祉大学でも活躍し4年時には5つの団体タイトルを総なめにした。2012年にプロへ転向。19年10月の日本オープンでは優勝争いに絡む活躍を見せた。ドライバー平均飛距離は290ヤード。
■公式Instagram
■公式Twitter

■プロフィール 内田理央(うちだ・りお)
1991年生まれ、東京都出身。雑誌『MORE』レギュラーモデル。2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で主人公の幼馴染・ちず役で人気を博し、同作で第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞を受賞。その他、ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)やドラマ『向かいのバズる家族』(日本テレビ系)などに出演し、ドラマ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系)では主演を務める。2020年8月には舞台「星の数ほど星に願いを」にて舞台初主演を務め、10月にはドラマ『はぐれ刑事三世』に主人公のバディ役で出演し、NHK BS時代劇「明治開花 新十郎探偵帖」(2020年12月)ではヒロイン役として、時代劇に初挑戦。
■公式Instagram
■公式Twitter
■YouTube「だーりおCHANNEL」

ゴルフ情報ウェブマガジン「Good Golf Life」誕生>>

髙橋直●ディレクター directed by Takahashi Naoshi
三村和弘、小寺安貴●ムービー撮影 movie by Mimura Kazuhiro、Kodera Aki
長澤 諒●ムービー編集 movie editor by Nagasawa Ryo
小野将臣●CG制作 cg designer by Ono Masaomi
橋立聖史●制作 production manager by Hashidate Satoshi
八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
志田舞●スタイリング styling by Shida Mai
彦坂雅俊●制作協力 cooperation by Hikosaka Masatoshi
用具・衣装協力/テーラーメイド
取材協力/スイング碑文谷
※この企画の収録は10月9日に行ないました

1

関連記事