2016.12.02

【木村和久ゴルフ連載・番外編】
「いざ、B-lockをつけてラウンドへ」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

  木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●番外編3
ゴルファーの老化問題を考える

前々回の記事はこちら(番外編1)>>
前回の記事はこちら (番外編2)>>
 

 みなさん、ご機嫌いかがでしょうか。こちらはB-lockに慣れ、尿漏れの苦しみから、解放された日々を送っております。毎日が清潔で健康的、実に素晴らしいワンダフルライフです。

 思い返せば、子供の頃は別な尿漏れをしていましたね。粗相して白いブリーフに、シミをつけていました。あのみんなが白のブリーフの時代って、なんだったのでしょう。いまでも「お久しブリーフ」といっているタレントさんもおりますけど。ブリーフが白だったゆえに、ちょっとでもパンツを汚すと、むしろ目立ちました。身体検査の日には、「しょうゆパンツ」と言われるやつが、いましたから。その反動か、大人になり自分でパンツを選ぶようになってから、白パンツは激減します。汚れが目立たないからですね。反面、交際する女性に対しては、白を求めるのは、いかがなものか。

 ゴルファー目線で言えば、「ゴルフボールと女性のパンツは白」という、固定観念が出来上がっているようで、困ったものです。

 話を男性パンツの色に戻しますと、汚れが目立つからと、カラフルパンツを買ったはいいが、40歳過ぎて、それが仇になるのです。カラーのパンツゆえに汚れが目立たない、すなわち尿漏れに気づかないのです。