2016.10.22

『プロスピA』があれば、
オフシーズンもプロ野球を満喫できる!

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文 text by Hasegawa Shoichi

前回の記事はこちら>>

このプロスピの「プレー以外」がすごい!

 時間があればスマホ片手に『プロスピ』に励む日々を送っているうちに、「どうしてこのゲームはオレをこんなに夢中にさせるのか?」と、ついつい考えるようになった。

 最初に驚いたのは、選手一人ひとりの顔立ち、そしてディテールの精密さだった。選手の表情はもちろん、ユニフォームの着こなし、さらにはプレー上のルーティンまで、いずれもかなり精巧に作られていて、「すげーソックリ!」だとか、「動きがうりふたつ」だとか、いちいち、感嘆の言葉を漏らし続けることになった。

 でも、僕が夢中になったのはそれだけではないはず。他にもいろいろ理由があるはず……。そんなことを考えているうちに、今年、『このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!』という本を出版した男としては、このゲームの魅力を「プレー以外」の観点から考えてみたくなった。以下、思いつくままに挙げてみたい。

1・細かすぎるディテールがすごい!

 画面の隅々に出てくる細かすぎるディテールの数々にはたびたびうならされた。たとえば、投手はそれぞれの持ち球を投じることができるのだけれど、同じチェンジアップ系の球種でも、「チェンジアップ」「サークルチェンジ」「チェンジ・オブ・ペース」と投手によって、球種が細かく分けられている点は驚き。