松本明子が事務所社長に「どうかやらせて...」と直談判。車4台を一括購入してキャンピングカーレンタルの副業を始めた理由

  • 堤 美佳子●取材・文 text by Tsutsumi Mikako
  • 山本雷太●撮影 photo by Yamamoto Raita

【キャンプ芸人・ヒロシに相談】

ーーそこから、事業立ち上げまではどのような道のりだったのですか?

 早速、バグトラを作っているショップに電話したんです。「もしもし、松本明子と申しますけれども......」と言ったら、社長さんが疑いの声で「本当に松本さんですか?」と(笑)。そこで、提携の神奈川にあるお店を紹介してもらい、すぐにそのお店へアポなしで行きました。

 そこで、バグトラともうひとつ、アメリカンバス風に塗装した軽バンにも一目惚れしちゃって。この2種類の車をレンタカーできたらいいなとどんどん夢がふくらみ、結局、それぞれ2台ずつを購入しました。

 レンタカー事業の経営にあたっては、地元・香川の小中学校の同級生で商社マンの友人に相談。そのつながりで、キャンピングカーのレンタカー事業を行なっている「バンライフレンタカー」を紹介してもらい、この会社のフランチャイズ店として契約させていただきました。

 ならば、ということで、今度は(所属事務所の)ワタナベエンターテインメントの社長室に直談判へ。社長に「本業とは違う仕事ですけれども、将来を見据えてどうかやらせていただけないでしょうか」とお願いしました。

アメリカンスクールバスをイメージした「ブギーライダー」アメリカンスクールバスをイメージした「ブギーライダー」この記事に関連する写真を見るこの記事に関連する写真を見るーーそして、ついに「オフィスアムズ(バンライフレンタカー東京杉並店)」を東京・杉並区に開設されました。

 山梨や長野に人気の山が多いので、最初は甲府や松本の駅前でやったほうがいいのかなと思っていました。その時に、キャンプのYouTubeでも人気の芸人のヒロシさんに電話して、「キャンプや山登りのためのレンタカーをやろうと思っているんですけど......」と相談したんです。

 すると、ヒロシさんから「駐車場代などは高いかもしれませんけど、絶対都内でやるべきです。大学生や若いカップル、夫婦で、免許は持っているけど車を持ってない人たちのために手軽にアウトドアができるレンタカーをぜひやってください」と背中を押されました。

 そこで、新宿からもアクセスがいい方南町で、事務所の物件と駐車場を探しました。店舗オープンは、2021年3月でした。

ーースタッフはいるんですか?

 スタッフは私を入れて3人です。先ほどの同級生に相談役として入ってもらいつつ、現場は私と、芸能のほうで長年送り迎えをお願いしている方の2人で回しています。

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る