2021.11.12

兄・中田敦彦の「プライドを捨てた」姿に感動。日本人全員ダンサー化計画へFISHBOYは盆踊りの世界に飛び込んだ

  • text by Sportiva
  • 廣瀬久哉●撮影 photo by Hirose Hisaya

ダンスの魅力を多方面から発信し続けるFISHBOYダンスの魅力を多方面から発信し続けるFISHBOY

FISHBOY インタビュー③

「日本人全員を踊らせる」という野望に向かってまい進する、世界一のダンサーFISHBOY。第一生命 D.LEAGUEに参戦するプロダンスチーム「CyberAgent Legit」のディクレクターとして活動するかたわら、メディア出演やYouTubeチャンネルでの動画配信など、自ら立てた野望のために、多方面からダンスの魅力について発信中だ。

 そんな彼の活動の一つが、実兄・オリエンタルラジオの中田敦彦らとともに結成したダンス&ボーカルグループ「RADIO FISH」だ。2016年にリリースした『パーフェクトヒューマン』が空前の大ヒットとなり、その年の紅白歌合戦にも出場した。兄と組んだRADIO FISHは、FISHBOYにとってどんな意義があったのだろうか。

「まず第一は親孝行なんですけど、僕にとってはものすごく濃い研修期間でしたね。オリエンタルラジオのあの2人(中田敦彦、藤森慎吾)の考え方や、行動を近くで見れたことで、得たものはめちゃめちゃ大きかったです。

 兄はあるプロジェクトがあった場合、失敗をたくさん重ねながらも物凄いスピードで成功に持っていくタイプなんです。だから兄からは、何がなんでも目標を達成する方法を勉強させていただきました。

 藤森さんは、まず人の悪口を言わない。それから話し方とかコミュニケーションの仕方、その駆け引きがすごくうまいんです。僕よりも、コミュニケーションのスキルがスリーランクくらい上なんですよ。それを見ることができてめちゃめちゃ勉強になりましたね」

 FISHBOYの言葉の端々から、オリエンタルラジオへの尊敬の念がひしひしと感じられる。とくに大きな影響を受けたのは兄からだ。FISHBOYが見聞きした兄の言動が、いまでも彼の背中を後押ししている。

「RADIO FISHで一緒に活動していた時に感動したことがあるんです。ライブを行なうことになって、会場を埋めるためにチケットを手売りしたんです。やっぱり泥臭く動くことで熱って伝わりますから、もちろん兄もプライドを捨ててやっていました。

 そんななかで地方ツアーもあって、広島のライブチケットを売らなくてはいけなくなったんです。みんないろんなことをひと通りやって、もうやることがないかなと思っていた時に、兄は『まだやれることがある』と言うんですよ。